ツキノワグマの出没と注意喚起について

 森林動物研究センターが兵庫県下の堅果類(ドングリ類)豊凶調査を行ったところ、今秋、山のドングリ類は、樹種及び地域により差があるものの全体としては豊作であることが判明しました。(資料1参照)

本年は地域によっては既にクマが餌を求めて人里へ大量に出没しており、多数の目撃情報が寄せられています(資料2参照)。ドングリ類の実りは豊作の見込みですが、今後、冬眠前のクマが餌を求めて、さらに人里へ出没する可能性もあります。

ハイキングや登山、キノコ採集などでクマの生息地域に出かける時はもちろん、集落周辺においてもクマの被害にあわないように十分な注意をお願いします。

より詳しい情報は、下記の関連資料の記者発表資料(PDFファイル)に記載しております。ダウンロードしてご覧ください。