鳥獣による農業被害調査
在来種
●ニホンジカ
●イノシシ
●ニホンザル
●ツキノワグマ
●タヌキ
●キツネ
●ノウサギ
●アナグマ
●テン
●イタチ
●モグラ
外来種
●ヌートリア
●アライグマ
●ハクビシン
 
ニホンジカ
 
偶蹄目シカ科 Cervus nippon


体長

オス90〜190cm、メス90〜150cm。

食性

草本、木本などほとんどの植物の葉や樹皮を食べる。根や果実も好む。アセビ、シキミ、タケニグサなどは食べない。

特徴
夏毛は鹿の子模様が特徴的だが、冬毛は灰褐色となる。オスだけが角を持つ。
 
被害内容
県内ではイノシシと並んで深刻な農業被害を引き起こしている野生動物である。水稲、大豆、小豆、サツマイモ、白菜・大根などの食害が多い。また植栽した苗木や自然林の低木・草本層の食害による林業被害・生態系被害も大きい。
 
兵庫県内の分布と被害状況
分布と被害状況
被害状況
2010年度 (PNG)     2010年度(PDF)
2009年度      2008年度
2007年度      2006年度
2005年度      2004年度
2003年度             
2010年度 (PNG)     2010年度(PDF)
2009年度      2008年度
2007年度      2006年度
2005年度      2004年度
2003年度             
 
 

■ 戻る ■