鳥獣による農業被害調査
在来種
●ニホンジカ
●イノシシ
●ニホンザル
●ツキノワグマ
●タヌキ
●キツネ
●ノウサギ
●アナグマ
●テン
●イタチ
●モグラ
外来種
●ヌートリア
●アライグマ
●ハクビシン
 
アナグマ
 
食肉目イタチ科  Meles meles


体長
オス50〜65cm、メス50〜60cm。
食性

雑食で、動物質のものを好む。ミミズなどの土壌に棲む小動物や昆虫、時には小型の鳥類や哺乳類も食べる。

特徴

前足が太く、鋭い爪を持ち、尾が長い。巣穴を掘り、冬眠する。兵庫県版レッドリスト(2003年版) では絶滅危惧Cランクに指定されている。

被害内容
イチゴ、スイカ、ウリ類、水稲、トウモロコシなどの食害を与えるが、食害よりも掘り返しの被害の方が大きい。
 
兵庫県内の分布と被害状況
※任意回答の動物種のため、この図ではすべての分布と被害状況を網羅していません。
 
 
 

■ 戻る ■